いつも閲覧有難う御座います。 柿添です。一つ御願いがあります。 「目下、我が国は妖悪不浄の雲に覆われ、 政治、経済、社会その何れに於いても、 未曾有の国難に瀕している。 多くの日本人は、己の神を見失い、 未来になんら希望を見出せず、 無為無策のまま時代の波に翻弄されている。 かかる状況に在って、我々神の子は 肇国の原点に立ち返り、天孫降臨以来 脈々と受け継がれてきた、かんながらの 精神に則り、神のみはかりを尊び、 祖先の恩に報いるべく正しき道を歩み、 互いを尊重し、共に生きる喜びに溢れた、 人類の理想郷たる豊葦原の瑞穂の国、 神国日本の再興を招来すべく 一層奮励努力せねばならない。 我々は、道を見失い失意の淵にある わけみたまに、共通の行動原理を示し、 連帯の絆を育み、さらにより一層 強固なものとし神国日本の再興を招来する 原動力としたいと思う」 そこで今後、日本復活に向けて共に知恵を 出し合い活動する同志を求めます。 活動母体は「日本復活講」と名付けます。
老若男女問わず、我こそはと思う方は、 下記へ送信願います。 宜しくお願い申し上げます。 pripia@nona.dti.ne.jp

2013年08月29日

裏が顕わに

我国に限らず、永らく裏側に秘されていた事柄が顕現し始めている。

昨日28日、次期駐日大使に内定したキャロライン・ケネディ女史が、50年前に
黒人差別を撤廃をすべく行なわれた公民権運動の象徴「ワシントン大行進」を
記念する集会に於いて基調演説をした。と、産経が報じている。

女史は「水は流れても川は残る」という我国の格言を引用し、未だ残る差別の
撤廃を訴え、さらに、白いヒマワリと皇室の菊花紋を想起させる模様をあしらった
濃紺のワンピースを着用していたそうだ。

これは、次期駐日大使としての皇室に対する単なる「おべっか」ではないだろう。

自然崇拝多神教を信仰するケルト人=スサノオの子=ツランをルーツに持つケネディ女史は
何らかのメッセージを皇室に示しているはずだ。
紺屋は特殊技能集団であり皇室を守護する血筋の系譜に属するわけで、彼女が着用した
濃紺の装束にも何らかの意味がありそうだ。が、現時点では、それを詮索する必要は無い。

いずれにしても、彼女の起用は、米国の我国に対するスタンスの劇的転換に相違ない。

一方、シリアのアレッポで化学兵器が使用されたとの報道があった。

アレッポは単なるシリアの地方都市では無い。
ここには、ダビデ王の時代から、最大級のユダヤ人コロニ―=シナゴーグが存在した。
旧約の最も古い写本とされる「アレッポ写本」もあった。
ちなみに、ダマスカスのウマイヤード・モスクには洗礼者ヨハネの首が埋葬されているとの
伝承がある。
つまり、シリアは本来、スファラディの本拠地にして、原始キリスト教の聖地だったのだ。

プーチンは、これらの事情を善く理解しているからこそ、シリアへの軍事介入に
反対しているのだ。

原始キリスト教の教えを忠実に護るロシア正教会は、臨戦態勢に入った。
バチカン=イエズス会=バスク、はどう動くのか?

言い忘れたが、ケネディ女史の装束の模様のヒマワリは、キク科で太陽の象徴=日本だ。
さらに、種子は食用となるが、ロシアは食用ヒマワリのパイオニアであり、
ヒマワリのタネはロシア正教徒の重要な栄養源だった。

ケネディ女史は、それを踏まえて、衣装選びをした。か、どうかは判らない。

原始キリスト教、旧約、正教会、スファラディ、ケルト、これらは皆、スサノオが
介在している事柄である。

ウガヤ朝の時代、物質文明を現出したスサノオは自らその幕引きを行なうべく、
再び動き出した。

次は、サタンによって封印されたルシファーを解放すべく大天変地異が、
引き起こされるはずだ。

表側で、はしゃいでいたアシュケナージが裏側に呑みこまれる日は近い。



posted by 柿添先生 at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月19日

ついに裏が動き出した。

今月17日、各メディアは一斉に、CIA米中央情報局が「エリア51」の
存在を公式に認めた。と報じている。

今まで、ここには宇宙人が駐在しているとかUFOがあるとか、陰謀論好きの
手合いには憧れの場所だったが、単なる米軍施設の一つに過ぎないという事に
されてしまった。
米国がエリア51の存在を認めたという事は、エリア51とは別の秘密施設が
在る事を意味する。あるいは、既にエリア51が用済みになったのかも知れない。

誰の目にも明らかで表に出ている事象は、裏側を隠蔽する為のダミー(替玉)である。

万象には表と裏が在り、裏が本質であり、表は裏を隠し護る為に存在する。

が、表が裏を護る事が出来なくなる事態が勃発した時、裏は忽然と姿を現わす。
そして、圧倒的に強大な力によって、事態を収拾する。

エジプトで太陽神のみを崇める一神教が人の手で造られた際、高天原は、
これを徹底的に潰し王朝までも滅した。

15日の、京都府福知山市の花火大会の大爆発も同位相にあるかも知れない。
花火大会で多数の死傷者が出た。全て火傷だ。火に焼かれたのだ。

福知山市は綾部市に隣接し、明智光秀=天海僧正は福知山城を築いた。
福知山も綾部も丹波国。綾部の泉は榛名湖と繋がる。
天海僧正は徳川家康の命を受け、上野寛永寺の資金をつぎ込み榛名神社を再興した。

今回の惨劇は、榛名神社の御祭神、火の神の祓である。
火の神はイザナミを死なせた後、母を想い、裏でひっそりと生きておられた。

が、火の神は裏からお出ましになった。ハルナの御用の顕現の一環である。
とはいえ、何を護るというのか?私には判らない。

次いで18日、桜島で史上最大の大噴火が起こった。

火の神の憤怒と祓は、今後何処へ向かうのか?

それは、白頭山か? 正恩よ心せよ。 

posted by 柿添先生 at 10:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月17日

エジプト大乱

本日、当ブログのアクセスが不自然な形で大幅に伸びている。
永らくブログ更新をしていないにも関わらずだ。
今日は17日。17は神聖な数霊だ。

私に探りを入れても無駄だ。奴らは私に何を言わせたいのだ?

私は神の声のみを聴いている。下民の動向なんぞ、どうでも良い話だ。
一銭にもならん。

書いたついでだ。現時点での懸念だがエジプトは相当やばいぞ。

賢明なイランとトルコは、奴らの挑発には乗らなかった。で、エジプトだ。

サタンの手先どもは、なんとしても中東を戦場にしたい様だ。

力ずくでエジプト発のハルマゲドンを起こしたいらしい。

余談だが、ピラミッド建設に当たり現場の作業を指揮したのは日本人だった。
重力軽減装置を天鳥船で運びこんで工期を大幅に短縮したそうだ。

エジプトはスサノオの意に反して、人類史上初めて人工的に一神教が造られた土地だ。
太陽のみを神と崇めたのだ。それが間違いの元だった。

此処を起点として、人類の存亡を懸けた最後の戦いが仕掛けられようとしている。

立て替え立て直しに当たっては、一旦、全てを壊し更地に戻す必要がある。
エジプトの無辜の民には実に気の毒だが致し方ない。それもお役目だ。

これより、戦乱の世となろう。
が、それも高天原の予定通りの成り行きだ。

最終的には我が神軍が平定する。

一部を除き、皇室は全て御承知であらせられる。

諸君。慌てず騒がず時の来るのを待たれよ。

posted by 柿添先生 at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月05日

ほつま伝より

久々のブログ更新である。
今、ハルナが色々忙しいのでヒマが無い。良い意味でだ。

今月3日、秋篠宮の次女、佳子様が米国にてホームステイすべく、
御出発された。ハーバード大学の教員宅に滞在するそうだ。
奴らは確実に洗脳工作を仕掛けてくるだろうが、サクヤ姫の霊統を継ぐ
佳子様は、逆に奴らを改心させるかも知れぬ。

今日は、ほつま伝の話だ。

イザナギの弟、クラキネには持子と早子という娘がいた。
姉妹は共に北殿に住んでいたが、ここは日当たりが悪く、魔に取り憑かれていた。
当時の、すめらみことは天照大神である。もちろん男神だ。
魔は大蛇を産み、攻撃の機会を狙っていた。

魔は皇室を潰すべく持子早子姉妹を利用した。大蛇は姉妹に乗り移った。
姉の持子は天照大神を誘惑し皇后に就こうとしたが、セオリツ姫ホノコが皇后となった。
妹の早子はスサノオを誘惑して交わり、セオリツ姫を廃すよう、そそのかした。
単純なスサノオはセオリツ姫を討つと息巻いていた。

この企みに気付いたセオリツ姫の妹の花子姫は姉に通報した。
セオリツ姫は直ちに、持子早子姉妹を筑紫の宮へ移した。

ところが、姉妹は筑紫を脱出し、早子はヤマタノオロチに、持子は九頭オロチに変化した。

一方、スサノオは姉妹が追放され怒り狂い、乱暴狼藉を働き、花子姫を切り殺した。
天照大神は岩屋へ籠ってしまった。これ以降は、古事記と同一の展開だ。

出雲へ流されたスサノオは、かつて愛した早子とは知らずにヤマタノオロチを討った。
スサノオにとっては、永遠のトラウマとなってしまった。

ここからは、私個人の憶測推測である。

持子は戸隠神社に身を潜めている。と言われているが、私は、そうは思わない。
奴は、蛇となりアダムとイブにリンゴを食わせたに相違ない。
一神教世界を欺瞞と闘争と破壊と殺戮の暗黒世界に変えた後、持子は我国へ再上陸した。

持子の願いはただ一つ、皇統の終焉である。

諸君。

心せよ。神々と共に九頭オロチを討つべし。それは、我ら神の子のお役目である。


posted by 柿添先生 at 12:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする