いつも閲覧有難う御座います。 柿添です。一つ御願いがあります。 「目下、我が国は妖悪不浄の雲に覆われ、 政治、経済、社会その何れに於いても、 未曾有の国難に瀕している。 多くの日本人は、己の神を見失い、 未来になんら希望を見出せず、 無為無策のまま時代の波に翻弄されている。 かかる状況に在って、我々神の子は 肇国の原点に立ち返り、天孫降臨以来 脈々と受け継がれてきた、かんながらの 精神に則り、神のみはかりを尊び、 祖先の恩に報いるべく正しき道を歩み、 互いを尊重し、共に生きる喜びに溢れた、 人類の理想郷たる豊葦原の瑞穂の国、 神国日本の再興を招来すべく 一層奮励努力せねばならない。 我々は、道を見失い失意の淵にある わけみたまに、共通の行動原理を示し、 連帯の絆を育み、さらにより一層 強固なものとし神国日本の再興を招来する 原動力としたいと思う」 そこで今後、日本復活に向けて共に知恵を 出し合い活動する同志を求めます。 活動母体は「日本復活講」と名付けます。
老若男女問わず、我こそはと思う方は、 下記へ送信願います。 宜しくお願い申し上げます。 pripia@nona.dti.ne.jp

2013年10月12日

群馬、恐るべし

榛名神社が天台宗上野寛永寺の莫大な資金によって再興された事は既に述べた。
榛名神社立て直しに当たり、陣頭指揮を執ったのは明智光秀=天海僧正=橘である
事も既に述べた。
私の先祖、中村監物が、筑後の橘公頼の築いた蒲池城の城家老であった事も
既に述べた。これで筑後とハルナを結ぶ線が繋がった事も既に述べた。

本日は、もう一つ興味深い話をする。

榛名神社の学頭ならびに別当寺は中里見の光明寺である。
室田の群馬銀行から、自転車でも遠くはない。
我が孝善坊の先祖にも別当が存在する。僧侶もいたわけだ。
御先祖は上野、浅草、吉原あたりで遊び呆けていたかも知れぬ。
学頭や別当といった用語は自分で調べるべし。

天台宗里見山光明寺は里見氏の菩提寺である。
里見氏は新田義重の庶長子・新田義俊(里見太郎)を初代とする武家である。
光明寺には里見義俊が葬られている。
里見義俊の次男は田中義清と名乗り、義清の子孫、田中与兵衛は千利休の父だ。
そう、里見義俊は利休の太祖だ。なんと利休は群馬者だったのだ。

ちなみに裏千家は、この事を正式に認めている。

さらに、田中家の一派は越後へと流れた。彼らは田中角栄の先祖とされる。
これが事実ならば、角栄は総理総裁に成るべくして成ったという事だ。

話がそれた。
里見氏、田中氏の母体となった新田氏から分かれた武家には、世良田氏がいる。
その子孫、世良田二郎三郎元信が永禄6年(1563)に家康とすり替わったとされる。

これが事実ならば、天正19年(1591年)、秀吉が利休に切腹を迫ったのは、
同族の家康と利休が通じていた事を察知した為ではなかろうか。

利休は単なる茶人では無い。千家の家紋は銀杏が一枚。裏皇室=ウガヤの工作員である。

新田=徳川も然り。故に、カムヤマト朝の幕引きを助けたのだ。

群馬=上野国という地は実に奥が深い。

長州と並び、総理大臣を多く輩出してもいる。

今般の立て替え立て直しに当たり、再び動き出すやも知れぬ。

ハルナの御用も、その一環か。





posted by 柿添先生 at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月03日

続・カムヤマト朝に捧ぐ

昨日の内宮の御遷宮は滞りなく執り行われた。

御遷宮には、筆頭宮家の当主として秋篠宮が御参列された。
筆頭宮家であろうとなかろうと、秋篠宮の御参拝には大きな意義が有る。
次代の皇統を司る宮家としてアマテラスに御存在を示されたのだ。

いよいよ我国の最高神も交代する。というよりも本来の姿に復するのだ。
アマテラスは姫神にあらず。れっきとした男神である。

複数の識者、歴史マニアはブログ等で、皇太子は北朝。秋篠宮は南朝で、
本来、明治天皇は北朝であったが南朝勢力によってすりかえられた。
とする説を喧伝している。これに関する書籍も多く出ている。

が、どれもこれも、重要な視点が抜け落ちている。
北朝と南朝の対立は、確かにあった。が、所詮、コップの中の嵐に過ぎぬ。

彼らは古史古伝=クニの正史を全く理解していない。

そもそも、神武=カムヤマトイワレヒコは、ウガヤ第73代目のすめらみことである。
表の皇室=カムヤマト朝はウガヤ朝のダミーに過ぎず、我国は依然としてウガヤが
知らすクニである。
これは、高天原の決定である。それは物質文明への移行にあたり仕方が無かった。

南北朝の動乱は、外来神=半島勢力によって唆された愚か者によるクーデターだった。
が、結局、裏皇室=ウガヤによって制圧され、北朝と南朝は、とりあえず均衡を保っていた。

この均衡を破ったのが、幕末、我国に上陸したサタンの手先だった。
貧乏公家と薩長の田舎侍は奴らに魂を売り、傀儡政府=明治政府を樹立した。

孝明天皇は、國體を護持すべく御自らカムヤマト朝の幕引きをされ御隠れになった。
カムヤマト朝は121代である。

明治天皇が、すりかえであろうとなかろうと大勢に影響は全く無い。
サタンの手先どもは、まんまと騙されたのだ。

明治大正昭和平成の天皇は、世界天皇=大ウガヤ復活の為の環境作りをお役目としていた。
アシュケナージを主力とするサタンの手先どもの勢力を滅すべく、死んだふりをして
時には同調しつつ、奴らの中枢を蝕む策に出たのだ。

いよいよ機は熟した。

スサノオの子=バスク=イエズス会=バチカンは、皇室の意を酌み、
イスラエル=アシュケナージへの攻撃を開始した。

グレゴリオ聖歌が、その合図である。

やがて、全ツランの兄弟も参戦するだろう。

全軍に告ぐ。荒魂を発動せよ。悉く討ち祓うべし。

神国日本は復活する。
posted by 柿添先生 at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月02日

御遷宮によせて

本日、10月2日、13時より伊勢神宮内宮にて御遷宮が始まる。
外宮は5日の同時刻開始だ。

スピリチュアル系のブログでは、一様に、今回の御遷宮によって
全てが改まる。との期待が寄せられているが、奴らは相変わらず
傍観者ぶりをさらけ出している。醜いものだ。

両宮の御遷宮によっても、現時点では何も変わる事は無い。
むしろ、状況は更に悪化する。

己は何もしなくとも、誰かが助けてくれる。と、信じて疑わない
穢れた心が改まらない限り、全ては好転しない。

他力本願では何も変わる事は無い。かんながらは自助努力を旨とす。

顕世は人間の心を映し出す世界なのだ。
神々の心と人の心が合致しない限り、万象は動かない。

一連の竜巻と大雨と大洪水によって、土地の禊祓は、あらかた終わった。
が、その土地に生きる人間の「みたま磨き」は手付かずのままだ。

神々はこれ以上、待っては下さらない。
高天原には厳密な予定が有る。

みたまを磨かぬ者は、人柱となって頂くしかない。それもお役目か。
posted by 柿添先生 at 12:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする