いつも閲覧有難う御座います。 柿添です。一つ御願いがあります。 「目下、我が国は妖悪不浄の雲に覆われ、 政治、経済、社会その何れに於いても、 未曾有の国難に瀕している。 多くの日本人は、己の神を見失い、 未来になんら希望を見出せず、 無為無策のまま時代の波に翻弄されている。 かかる状況に在って、我々神の子は 肇国の原点に立ち返り、天孫降臨以来 脈々と受け継がれてきた、かんながらの 精神に則り、神のみはかりを尊び、 祖先の恩に報いるべく正しき道を歩み、 互いを尊重し、共に生きる喜びに溢れた、 人類の理想郷たる豊葦原の瑞穂の国、 神国日本の再興を招来すべく 一層奮励努力せねばならない。 我々は、道を見失い失意の淵にある わけみたまに、共通の行動原理を示し、 連帯の絆を育み、さらにより一層 強固なものとし神国日本の再興を招来する 原動力としたいと思う」 そこで今後、日本復活に向けて共に知恵を 出し合い活動する同志を求めます。 活動母体は「日本復活講」と名付けます。
老若男女問わず、我こそはと思う方は、 下記へ送信願います。 宜しくお願い申し上げます。 pripia@nona.dti.ne.jp

2013年12月06日

依代なり

特定秘密保護法案の成立は確実であるが、反対勢力の動きが
さらにさらに激しさを増して来ている。

戦後一貫して、我国の国家機密は、だだ漏れであった。
今までに、どれだけの国益が損なわれてきたことか。

クニの機密を売り、利益を得ていた勢力にとっては死活問題だろう。
今、国会周辺で大騒ぎしている輩は、全てスパイ、売国奴の類である。

中野学校出身の小野田氏は帰還命令が出るまで姿を見せず、今なお一貫して
機密を守り通している。
神の子として帝国軍人として、あるべき姿が此処に在る。

一方、中韓を除くアジア諸国そしてツランの兄弟は、我国が、まともなクニになる
事を永らく望んできた。自衛隊の装備の増強すら、歓迎されているのだ。

クニがクニとして在るべき姿は、謎である事が第一義である。
外国人にとって謎である事が、最上の守りである。

思えば、我が日本は、人間が産まれる以前から、クニとして存在していた。

イザナギとイザナミは、生きとし生けるものが、困らない様にと、
前もって、豊かなクニを産んでおいて下さったのだ。

日本は、大陸における様な、血で血を洗う闘争の末に成立したものではなく、
源日本人は神々が用意しておいてくれた果実を受け取るだけで何の苦労も無かった。

従って、クニを守るという事については、無智としか言いようが無かった。
よって、源日本人は、後から渡来してきた勢力に、あえなく駆逐されてしまったのだ。

当家も、遙か紅海から海原を越えてやって来た勢力の末裔である。
群馬のウガヤの社家は、ツランの末裔によって引き継がれた。

特定秘密保護法案の成立だけで良しとするならば、状況は全く好転しない。

本日、羽田空港で、三笠宮彬子様がインドより帰国された天皇皇后両陛下を
御出迎えされてから、お倒れになられた。

高天原は、更なるクニの改善を望まれている。

彬子様は依代(よりしろ)として、神々に選ばれたのだ。


posted by 柿添先生 at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月01日

御遷宮は完了していない

師走である。

あっという間の一年間だった。今年は伊勢と出雲の同時遷宮という事で
スピリチュアル系のマニアを中心に盛り上がっていた。
が、結局、劇的な変化は今の処は無い。当然である。

マニアの方々の御期待に水を差す事になるのは、忍びないので黙っていたが、
実は、厳密に言うと、神宮の御遷宮は、まだ終わっていない。
出雲との同時遷宮は、神宮の御本殿の事であり、内宮10社と外宮4社の計14社の
別宮(わけみや)の御遷宮は、来年に持ち越されるのだ。

別宮とは、裏の社殿と言って良い。

何度も言うが、表は裏を隠す為に在り、裏が本質なのだ。

裏社殿の御遷宮が終わって全ては完了する。

そもそも、伊勢と出雲の確執は、未だ消える事は無い。
おそらく、未来永劫、無くならないだろう。

仮に、本当に同時遷宮になっても大勢に影響は無い。

余談だが、神宮の御神体の鏡は、直径6寸で5分の欠けが有るそうだ。
また、明治天皇は鏡を納める8寸の純金製の筒を造らせたそうだ。
それまでは、どの様に、しまわれていたかは知らないが。

5分の欠けによって、アマテラスの御稜威は大きく毀損している。

神々の争いが激化している状況に在って、神宮は限界を露呈しつつある。
数年前、神宮を参拝したが、単なる観光地としか思えなかった。

諸君。一度、ハルナに来てみるがいい。
私は、未だに、おっかなくて仕方が無い。

手前味噌との誹りは免れないが、出雲、伊勢両社の歴史を遙かに遡るハルナが
御用を果たすべき時が、いよいよ到来した。か?

榛名孝善坊
posted by 柿添先生 at 20:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする