いつも閲覧有難う御座います。 柿添です。一つ御願いがあります。 「目下、我が国は妖悪不浄の雲に覆われ、 政治、経済、社会その何れに於いても、 未曾有の国難に瀕している。 多くの日本人は、己の神を見失い、 未来になんら希望を見出せず、 無為無策のまま時代の波に翻弄されている。 かかる状況に在って、我々神の子は 肇国の原点に立ち返り、天孫降臨以来 脈々と受け継がれてきた、かんながらの 精神に則り、神のみはかりを尊び、 祖先の恩に報いるべく正しき道を歩み、 互いを尊重し、共に生きる喜びに溢れた、 人類の理想郷たる豊葦原の瑞穂の国、 神国日本の再興を招来すべく 一層奮励努力せねばならない。 我々は、道を見失い失意の淵にある わけみたまに、共通の行動原理を示し、 連帯の絆を育み、さらにより一層 強固なものとし神国日本の再興を招来する 原動力としたいと思う」 そこで今後、日本復活に向けて共に知恵を 出し合い活動する同志を求めます。 活動母体は「日本復活講」と名付けます。
老若男女問わず、我こそはと思う方は、 下記へ送信願います。 宜しくお願い申し上げます。 pripia@nona.dti.ne.jp

2014年02月01日

かんながら

あっという間に1月も過ぎ去り、2月に入った。
早いものだ。今年もあと11カ月しか無い。

目下、世間は都知事選の話題で持切りである。

これについては、論評しない。
結果は神のみぞ知る。と、いうよりも神々が決めるのだ。

最近、おぼろげながら、判って来た事がある。

顕世に於ける全ての事象は悉く神々が決するという事を。

天変地異。人の生き死に。戦の勝敗。四季の巡りに至るまで
神々の意思によって、秩序は保たれている。

斯様な状態の中で、神の子たる生きとし生けるものの在るべき姿が、
諸君にも判るだろう。

在るべき姿とは「かんながら」である。

かんながらとは、神様の仰せられた御言(おことば)と、神様の遊ばされた
御行為(おんしわざ)を手本として、私たち人間が、自分勝手の心を捨てて、
一途に神様の御言御行為を実践することを旨として生きる道である。

この道は、神々と神の子が共に歩む道であり、「敬神」「尊皇」「愛国」
として具現化され、神国日本の復活を招来するものである。

人の一生は、宇宙の星の一瞬のきらめきよりもさらに短い。

我慾を捨て、喜びも哀しみも全てを神々と共に分かち合い、
与えられたお役目を果たすべく、誠を尽くせ。

大事な事は神々が決める。全てを委ね、限り有る今を生きよ。
posted by 柿添先生 at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする