いつも閲覧有難う御座います。 柿添です。一つ御願いがあります。 「目下、我が国は妖悪不浄の雲に覆われ、 政治、経済、社会その何れに於いても、 未曾有の国難に瀕している。 多くの日本人は、己の神を見失い、 未来になんら希望を見出せず、 無為無策のまま時代の波に翻弄されている。 かかる状況に在って、我々神の子は 肇国の原点に立ち返り、天孫降臨以来 脈々と受け継がれてきた、かんながらの 精神に則り、神のみはかりを尊び、 祖先の恩に報いるべく正しき道を歩み、 互いを尊重し、共に生きる喜びに溢れた、 人類の理想郷たる豊葦原の瑞穂の国、 神国日本の再興を招来すべく 一層奮励努力せねばならない。 我々は、道を見失い失意の淵にある わけみたまに、共通の行動原理を示し、 連帯の絆を育み、さらにより一層 強固なものとし神国日本の再興を招来する 原動力としたいと思う」 そこで今後、日本復活に向けて共に知恵を 出し合い活動する同志を求めます。 活動母体は「日本復活講」と名付けます。
老若男女問わず、我こそはと思う方は、 下記へ送信願います。 宜しくお願い申し上げます。 pripia@nona.dti.ne.jp

2014年08月07日

武蔵国一宮 氷川神社考

明治3年、大教宣布の詔により神官と僧侶の統括が為され、
明治6年、大教院が設立されたが、仏教側が離脱し、明治8年に大教院は
解散を余儀無くされた。
同年、全国の神官が神道事務局(神道大教の前身)を設立し神道教化に乗り出した
ものの、程無くして、事務局の御神殿に出雲の大国主大神を祀るか否かで、
伊勢派と出雲派の争いとなった。(祭神論争) 
本来ならば我国の霊的防衛の観点からは、顕幽の主祭神を共に祀るのが道理である。
平田派は、その様に主張し同調する神官も多かったにも関わらず、
結局、明治天皇の勅裁により、大国主大神は祀られる事は無かった。
出雲にとっては国譲りに続く、大きな屈辱であった。

何故、明治天皇は出雲の神を忌避されたのか。

カムヤマト朝はアマテラスの霊統であり、皇室は、スサノオの霊統を畏れている。
としか謂い様が無い。それは現代の皇室においても同様である。

先日、高円宮典子様と出雲国造千家国麿氏の御結婚が発表されたが、
アマテラスとスサノオの和解は未だ為されてはいない。

皇居の北方、さいたま市大宮区に、皇室が畏れるスサノオを祀った氷川神社が在る。
大宮氷川神社は東京と埼玉県内の200余りの氷川神社の総本社である。
本来の氷川信仰は見沼の水神信仰であったと伝えられるが、出雲国造の支族である
武蔵国造が第13代成務天皇(景行天皇の皇子)の御世に大宮の地にスサノオを勧請し、
創建された。

氷川とは出雲の簸川(ひかわ)の意である。

出雲族が何故、この地に出雲の神を祀ったか定かでないが、
氷川神社の摂社の門客人神社には蝦夷の守護神アラハバキが客人神として祀られている。
カムヤマト朝によって制圧された蝦夷の神を、同じくカムヤマト朝に虐げられ続けてきた
出雲族が祀るとは、心情的には理解できる。
但し、明治天皇は大宮氷川神社を勅祭社と定め、以後、皇室は行幸を続けている。
ところで、氷川神社の宮司家、東角井家は物部氏の流れを汲むと伝えられている。
とすれば、大宮氷川神社が勅祭社として優遇されたのも当然と言えば当然である。

物部の祖はニギハヤヒである。スサノオ、アラハバキ、ニギハヤヒ。
いずれもニ二ギ降臨以前の源日本の神々である。
大宮氷川神社の存在意義が今後、重要性を増す事は必至である。

余談だが、大宮氷川神社の東側200m程の場所に、尖閣列島の前地主、栗原國起邸がある。
栗原家は大宮の大地主である。彼に一時、尖閣が託された理由も氷川信仰と関係あるはず。
posted by 柿添先生 at 22:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする