いつも閲覧有難う御座います。 柿添です。一つ御願いがあります。 「目下、我が国は妖悪不浄の雲に覆われ、 政治、経済、社会その何れに於いても、 未曾有の国難に瀕している。 多くの日本人は、己の神を見失い、 未来になんら希望を見出せず、 無為無策のまま時代の波に翻弄されている。 かかる状況に在って、我々神の子は 肇国の原点に立ち返り、天孫降臨以来 脈々と受け継がれてきた、かんながらの 精神に則り、神のみはかりを尊び、 祖先の恩に報いるべく正しき道を歩み、 互いを尊重し、共に生きる喜びに溢れた、 人類の理想郷たる豊葦原の瑞穂の国、 神国日本の再興を招来すべく 一層奮励努力せねばならない。 我々は、道を見失い失意の淵にある わけみたまに、共通の行動原理を示し、 連帯の絆を育み、さらにより一層 強固なものとし神国日本の再興を招来する 原動力としたいと思う」 そこで今後、日本復活に向けて共に知恵を 出し合い活動する同志を求めます。 活動母体は「日本復活講」と名付けます。
老若男女問わず、我こそはと思う方は、 下記へ送信願います。 宜しくお願い申し上げます。 pripia@nona.dti.ne.jp

2014年10月25日

神道の根源

我国を代表する哲学者の西田幾多郎ならびに和辻哲郎は、共に仏教思想に
強い影響を受けていた。
東洋思想を下敷きにした彼らの哲学は西洋哲学と一線を画すものではある。
が、仏教は一神教的な価値観を有し、自己と異なる他者への寛容の精神は
不十分であった。
そこには、仏教とそれ以外の思想を分けて、あくまでも仏教の優位性を強調する
立場が見受けられる。
これは、キリスト教原理主義に見られる二元的価値観に近い思想である。

二元的価値観とは、二元論に立脚した価値観であり、多元的価値観とは、
多元論に立脚した価値観のことを言う。
二元論とは、もともと哲学の用語で、世界に存在するあらゆる事象は、すべて二つの
原理で成り立っているとする。
これに対して、多元論とは、二つ以上の複数の原理の存在を認めるものである。
我国の価値の根源を為す神道思想そのものである。

そして、近代の哲学は、この二元論を支持する立場にある。
デカルトは、その著書「省察」において「我思う。故に我あり。」と述べた。

「思う」という行為は意識であり、精神である。「我あり」とは、精神とは独立した
物質である存在の「我」を認識したという事である。
つまり「我」の中には精神と物質の二つの存在が確認される。
これを、心物二元論と言う。

近代の哲学は、デカルトの心物二元論を契機として発展してきた。
と言っても過言ではない。
しかし、現実世界の全てのことがらを、精神と物質のたった二つの原理で
説明することは不可能である。
さらに、原理が二つしかない場合、一方を肯定すれば、他方を否定せざるを得なくなり、
否定された側は、必ず復讐に打って出る。
このように、二元論に立脚した二元的価値観の世界は、常に異なる二つの原理の
闘争の場となる危険性を孕んでいる。

現在、世界では、パレスチナにおいてユダヤ教とイスラム教が、中東ではイスラム教と
キリスト教が戦争の只中にある。
これら一神教はまさに二元論の世界観しか持ち合わせてはいない。
事実、歴史的に見て、大戦争の勃発はすべて、一神教世界に端を発している。

神道においては、世界を、異なるたった二つの原理の対決の場とは捉えず、
多様な原理が等しく並び立つ場である。と考える。
これらは互いに切磋琢磨し合い、高め合い融和し、さらに新しい原理を生み出し、
豊かな人類社会を創造する原動力となる。
我が国に大陸から仏教が伝来した際、神道はその大いなる寛容の精神でもって、
これを迎え、共に生きてきた。

この「共に生きる」という考え方こそが、神道の重要なテーマである。
神道においては、森羅万象生きとし生けるもの全てに、神が宿っているとされているが、
この本当の意味は、森羅万象生きとし生けるもの全てが、平等に尊重されるべき貴い
命であるということなのだ。
全てとは、まさに全てである。人間も動物も植物も、山や海など地球の自然も大宇宙の
星たちも、あまねく全てである。

神道の世界においては、あらゆる人種も宗教も否定されることはない。
一神教世界は二元的価値観から脱却し、神道の多元的価値観に学ぶべきだ。

神道に於いては、そもそも民族に優劣の差を認めない。
個々の民族は、それぞれの伝統・文化・宗教を堅持し互いの原理を尊重し、
平和のうちに共存する。ということが在るべき姿であると考える。

これを可能にするのは、神道の大いなる寛容の精神に他ならない。

神道に於いては、異なる価値観は神々によって結ばれ、世界は、多様な原理が
等しく並び立つ場であると考える。
そして、それぞれの原理は、平和な交流によって高め合い、融和し、
さらに新しい原理を生み出すものである。
新しい原理こそが、豊かな人類社会を創造する原動力となる。

ところが現実の世界は、これとは全く逆の状況にあるのだ。

神道は、現在、確実に破滅へ向かって突き進む人類にとって、最後の希望であり、
今後、我々の向かうべき地平と拠って立つべき処を明確に示している。



posted by 柿添先生 at 00:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする