いつも閲覧有難う御座います。 柿添です。一つ御願いがあります。 「目下、我が国は妖悪不浄の雲に覆われ、 政治、経済、社会その何れに於いても、 未曾有の国難に瀕している。 多くの日本人は、己の神を見失い、 未来になんら希望を見出せず、 無為無策のまま時代の波に翻弄されている。 かかる状況に在って、我々神の子は 肇国の原点に立ち返り、天孫降臨以来 脈々と受け継がれてきた、かんながらの 精神に則り、神のみはかりを尊び、 祖先の恩に報いるべく正しき道を歩み、 互いを尊重し、共に生きる喜びに溢れた、 人類の理想郷たる豊葦原の瑞穂の国、 神国日本の再興を招来すべく 一層奮励努力せねばならない。 我々は、道を見失い失意の淵にある わけみたまに、共通の行動原理を示し、 連帯の絆を育み、さらにより一層 強固なものとし神国日本の再興を招来する 原動力としたいと思う」 そこで今後、日本復活に向けて共に知恵を 出し合い活動する同志を求めます。 活動母体は「日本復活講」と名付けます。
老若男女問わず、我こそはと思う方は、 下記へ送信願います。 宜しくお願い申し上げます。 pripia@nona.dti.ne.jp

2015年03月05日

出雲復活

久々の更新である。

万象は神々の意思の顕れであり、私如き一御師が、あれこれ言うのは
おこがましい事ではあるが、これだけは言わずにはおれない。
後でイワナガさんに叱られそうだが。

最近の報道では、例のイスラム国を「自称イスラム国」と表現しているが、
イスラム国は国家以前の原初的な「クニ」の姿である。
人々の想いが行動が集約されクニは深化し国家となった。
故にイスラム国と形容して良いと思う。あくまでも私見だが。

スサノオ自ら種を撒き、慈しみ育てたはずの物質文明は、拝金主義と弱肉強食の
鬼畜世界と化した。
事ここに至っては、おびただしい人柱が生まれようとも、全てをぶち壊し
立て替え立て直しをせねばならぬ。

こうしてスサノオは鬼神となった。

イスラム国は、そんなスサノオの荒魂の発動の顕現である。

彼らの行状は決して許されたものではないが、あまねく全てを一新する破壊力を
秘めている。

神を知らぬアシュケナージは、為すすべも無い。

一方、スサノオに呼応して動き出した神が在る。

川崎で13歳の少年が惨殺された。
少年は隠岐国西ノ島町で育ち、家庭の事情で川崎に移り住み殺された。

西ノ島町には隠岐国一宮「由良比女神社ゆらひめじんじゃ」が鎮座する。
由良比女神社の御祭神は須世理毘売命スセリビメ。スサノオの娘にして大国主の妻である。

神々は大事を為さんとする時、必ず人柱を求めるものだ。
西ノ島町育ちの少年はスセリビメに呼ばれ、ハルナという名の日本人は中東にて
スサノオに召還された。

いよいよスセリビメが動き出した。怖い怖い。
大国主も、のほほんとしてはいられまい。

3・11に国常立の結界は破れた。以来、続々と、封印された国津神の結界は
壊された。もはや誰にも高天原の決定を覆す事は出来ない。

出雲国復活か。やがて千家の子が皇室に入る日が来るやも知れぬ。

posted by 柿添先生 at 20:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。