いつも閲覧有難う御座います。 柿添です。一つ御願いがあります。 「目下、我が国は妖悪不浄の雲に覆われ、 政治、経済、社会その何れに於いても、 未曾有の国難に瀕している。 多くの日本人は、己の神を見失い、 未来になんら希望を見出せず、 無為無策のまま時代の波に翻弄されている。 かかる状況に在って、我々神の子は 肇国の原点に立ち返り、天孫降臨以来 脈々と受け継がれてきた、かんながらの 精神に則り、神のみはかりを尊び、 祖先の恩に報いるべく正しき道を歩み、 互いを尊重し、共に生きる喜びに溢れた、 人類の理想郷たる豊葦原の瑞穂の国、 神国日本の再興を招来すべく 一層奮励努力せねばならない。 我々は、道を見失い失意の淵にある わけみたまに、共通の行動原理を示し、 連帯の絆を育み、さらにより一層 強固なものとし神国日本の再興を招来する 原動力としたいと思う」 そこで今後、日本復活に向けて共に知恵を 出し合い活動する同志を求めます。 活動母体は「日本復活講」と名付けます。
老若男女問わず、我こそはと思う方は、 下記へ送信願います。 宜しくお願い申し上げます。 pripia@nona.dti.ne.jp

2016年03月07日

神道とは何か

目下、我国は妖悪不浄の雲に覆われ、政治経済社会その何れにおいても危機的
かつ悲劇的状況を呈し、未曽有の国難に瀕している。多くの日本人は己の神を見失い、
未来に何ら希望を見出せず、無為無策のままに時代の波に翻弄されている。
同時に近年、かかる情勢下にも拘わらず、民族意識に目覚め、現状を打破せんとする
気概を持った日本人も確実に増えつつある。
彼らこそが、新たな国造りの担い手と成るべきであるが、現状では各団体、集団、
個人が統制の取れぬままに活動し、一部では相互反目すら生じており、
世論を喚起する力とは成り得ていない。

よって、クニの行く末を憂える日本人に共通する行動理念を示し、互いの連帯の絆を育み、
より一層強固なものとしなければならない。
そのためには何よりもまず、肇国以来脈々と受け継がれてきた神道=かんながらの精神に
立ち返って、これを実践する事が肝要である。

そこで、神道とは何かという問いが生じるわけであるが、ここに自分なりの考察を示したい。

神道の語の初出は周易観卦の彖伝の「天の神道を観るに、しかも四時たがわず、聖人は神道を
以て教を設けて、天下服す」に出典を有し、その意味は「自然の理を観察すると、
四季の移ろいには狂いがない。聖人たる君子は理に基づき政治を為せば自ずから人民は
従うものだ」といったもので、この場合の「神道」は自然法則とでも謂うべきものに過ぎない。
平田篤胤は彖伝の神道を「あやしきみち」と読んで一笑に付したという。慧眼である。
一方、我国における「神道」の語は日本書紀用明紀の「天皇、仏法を信けたまひ神道を
尊びたまふ」にみられる如く、単に仏教と対比する必要から使われた用語との見方が根強い。
神道の一般的な理解としては、神道は我国独自の民俗信仰で、自然崇拝祖先崇拝からなり、
その根底には宗教の原初的形態としてのアニミズムが横たわっている。といった皮相的な
ものである。
おそらく読者諸氏にもこの様に理解している者が少なからず存在していると思われるが、
只今より、それは改めて頂きたい。

神道はアニミズムとは似て非なるものである。
アニミズムとは、山川草木自然界における万象には、あまねく精霊が宿り、人々はそれを
神として崇拝するというものである。
精霊と人間の世界は厳然と「分かたれて」おり、両者が交わる事は永遠に無い。
アニミズムとは、むしろ一神教世界における人間の願望の顕われなのだ。
一神教徒は唯一の神のみを崇める事を強制される。しかし、彼らは心の奥底で常に己の
神を求めている。
これは人間の本能である。故に一神教徒は眼前の身近な大自然の中に精霊=神を見るのだ。
但し、それは慰めでしかない。一神教徒は神々の広大無辺な世界を理解出来ない。

これに対し、神道においては、森羅万象生きとし生けるもの全ては、神の御霊(みたま)を
分け与えられた「わけみたま」であり、生きとし生けるもの全ては神が御自ら産んだもので、
生きとし生けるもの全ては、神のわけみたまとしての兄弟家族はらからであり、共に生きる
等しく尊い命である。とされている。人も動物も植物も命に軽重は無い。
神々は尊き御祖(みおや)であり、生きとし生けるもの全ては、神々と喜びも哀しみも分かち合い、
睦み合い、慈しみ合い、同じ道を歩んで来た。この道こそが神の道である。

神道は神の道。清く明るく直く正しい道。肇国以来、神々と、すめらみことと、我等わけみたまが
心一つに歩んで来た道である。
この先、何が起きようとも我等の歩みは止まる事は無い。
posted by 柿添先生 at 11:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。